検索結果での順位がいきなり大きく下がる理由とは


検索サイトの評価システムがアップデートされた可能性

SEOが有効に働き、検索結果の上位で表示されていたにもかかわらず、突然、下位の方で表示されるようになってしまったという場合、どういったことが考えられるのでしょうか。まず、検索サイトの評価システムがアップデートされたという可能性が挙げられます。検索サイトによるホームページの評価はすべてプログラムによって自動的に行われており、この評価システムを分析して、効率よく検索結果の上位に表示されるようにするというのがSEOの目的です。しかし、評価システムが完全に解析されてしまうと、人間が読んでもまったく面白くないのに検索サイトからだけ高評価を得るというページが増えてしまい、検索サイトの使い勝手が落ちてしまいます。そのため、評価システムをアップデートするわけです。すると、従来のSEOは評価されにくくなり、順位が落ちてしまうことになります。

トラブルでページにアクセスできなくなっているのかも

ホームページ自体になんらかの問題が発生したため、一時的に順位が落ちてしまうというケースもあります。たとえば、ホームページを運営しているサーバーが長時間ダウンしてしまっていた、あるいはホームページにウイルスが仕掛けられてしまったといった場合です。ホームページのアクセス数が突然ゼロに近くなったのであれば、検索順位が下がったからというよりも、ホームページにアクセスできなくなったからと考えるべきです。こういうときは、できるだけ速やかに問題の解決を図りましょう。もし、トラブルで検索結果での順位が大きく落ちてしまったとしても、SEOを積極的に行うことで元の順位に戻すことは十分可能です。

ホームページ作成とSEOは作成したホームページを、検索エンジンから見つかりやすくするための作業です。