事業承継のポイント!スピードの緩急は重要!


事業承継をするときはゆっくり時間をかけて用意をする

事業承継の準備は時間をかけて、ゆっくり行うことが大事です。時間をかけることで、次世代の教育、引き継ぎ、次世代に残すものの検討などを、行うことができるでしょう。そのようなことをしないと、事業承継をする意味がなくなります。それらのことを全て行うには時間が足りないです。その点を考慮して、事業承継までの時間を逆算して始めることが大事です。時間がないとしても、できる限り引き継ぎたいことを詰め込むことが重要になるでしょう。会社として残すべきものは多いのです。どれかを捨てるくらいなら、全部引き継ぐ方がいいかもしれません。不必要なら受け取った後に、次世代の人たちが取捨選択するからです。そうすることで心残りなく、事業を引き渡すことができます。そのときには遠慮などはいりません。次世代には次世代のやり方があるでしょうが、受け渡すまでは現行の経営陣が主体となって、事業継承を行うことが大事です。また、そのときには負の遺産も隠さず引き継ぐことが重要です。隠してしまうと、引き継いだ後に次世代の人たちが困ることになります。

決行日が決まったら決行はスピーディに行う

事業承継ではスピーディーに行うポイントがあります。それが事業承継を発表してから決行日までの間です。事業承継をするときには社員が不安になり、問題が起きる可能性はあります。そのような時間をできる限り少なくすることが重要なのです。時間が短ければトラブルが起きることなく、事業承継は進むでしょう。しかし、長いとトラブルに発展することもあるのです。

事業承継をするには、管轄役場に置いてある登記簿の登記を変更する必要があります。専門の方に代理でしてもらう事も可能です。