紙袋を印刷する時に選んだほうがいい・選ばないほうがいいデザインはある?


消費者の抱くイメージに沿って作ると成功しやすい

紙袋を印刷するに当たり、多くの人に宣伝してもらえるような特徴的なデザインにする人は少なくありません。しかし、宣伝してもらえるような独自のデザインを考えるにあたり、消費者にアンケートを取って、社のイメージを確認したほうがいいでしょう。アンケートの結果に従ってデザインをすることで、消費者が抱く社のイメージに対して忠実なデザインに仕上げられるからです。特にポイントとして挙げられているのは、社のイメージが「上品」や、「品のある」物だった場合、高級感を感じさせるようなデザインにすることが望まれています。また、「明るい」や「元気が出る」といったイメージだった場合、紙袋の印刷にビタミンカラーを使って、明るく元気の出るようなデザインがいいでしょう。

デザインは必ずしもフォトジェニックでなくていい

写真を使った紙袋の印刷は、それだけで人目を引きます。しかし紙袋に関心がいっても、社への関心を喚起させるかどうかは、会社で取り扱っている商品によって異なるでしょう。企業のイメージを印象付けるだけではなく、商品を販売したい場合には、写真を使った紙袋ではなく、商品をモチーフにしたイラストをワンポイントにあしらって印刷することで、社のイメージだけではなく、商品に対しての関心をも抱いてもらいやすいです。紙袋で一番大切なポイントとしては、お店に対して他店と差別化されている良いイメージを抱いてもらうことといえます。商品やサービス内容に対して関心を抱いてもらうようにするために、社内でよく話し合い、納得出来るデザインにして印刷することが望ましいでしょう。

紙袋の印刷をすることで自社のアピールや宣伝効果を狙えるので集客へも繋がります。個性的なデザインをすればそれが広告塔ともなります。