使わないものも梱包するの?冬物と夏物はどっちから梱包する?


不要なものを捨てると料金節約になる

自宅内にあるものは、一応は必要な物だったのでしょう。使う目的で購入したものもあれば、贈答などでもらったものなどもあるかもしれません。購入して日常的に使うものは使いやすいところに置いていますが、あまり使わないものなどは収納の奥の方に入れていたりします。引越しをするときの片付けで、いつ購入したのかもらったのかわからない不要なものが見つかるときもあります。このときにまた使いそうと考えるなら梱包をして持って行く必要がありますが、その分引越し料金が高くなるかもしれません。一方不要なものを捨てておけばそれを運ぶ費用がかからないので、その分節約になります。早めに準備をすると不要なものの分別もしやすく節約できそうです。

今の季節と逆の季節に使うものから収納

洋服は季節ごとに変える人が多いでしょう。気候的には春と秋は近いですが、オシャレな人であればそれぞれ別のデザインのものを着たいと考える人もいます。春ごろに行う衣替えでは春夏物を出し、秋ごろには秋冬物に交換して備えます。引越しをするときには片付けをしなくてはいけませんが、その時の順番として今の季節と逆の季節のものから梱包していくようにしましょう。今が冬なら逆の季節である夏に使うものから梱包していきます。それは逆の季節のものを今使う可能性が低く、梱包してしまったとしても取り出さないからです。ただし今使っていない洋服などは奥にしまっていることが多く、多少荷物を取り出す手間がかかるかも知れません。1年を通して使うものは今の季節のものと同じように直前に梱包しましょう。

引っ越しをする際に不用品の回収が必要な場合、回収に対応してくれる引っ越し業者を選ぶことで手間を省くことができます。