法人向けパソコンは一般向けの製品と何が違うの?


ソフトの数が少ないため導入時のコストが安くなる

法人向けパソコンは、家電量販店や通販を通じて出回っている一般向けの製品と比較して、初期段階のソフトの数が少なく、購入価格を安く済ませられるという特徴があります。そのため、大人数の社員がいる職場で法人向けパソコンを導入することで、大幅なコストを図ることも可能です。最近では、導入後に必要に応じてビジネスに役立つソフトを随時ダウンロードできる法人向けパソコンも多くあり、業種にかかわらず利便性の高いものが選ばれる傾向が見られます。なお、はじめから利用できるソフトの数は、機種によって大きな差があるため、導入時には各メーカーの資料を参考にしてニーズに合うものを見極める必要があります。

導入後のメンテナンスも容易に行えるものが多い

法人向けパソコンは、ハードディスクやCPUなどの性能が良いものや、耐用年数が長いものが多くあり、メンテナンス時のコストや手間がかかりにくいというメリットがあります。最近では、導入後に自社内で簡単なメンテナンスが行えるよう、専用のソフトを配布したり、無料相談を受け付けたりするパソコンメーカーの数も増えています。また、法人向けパソコンのメンテナンスの対応については、購入やリース、レンタルなど導入方法によって異なるため、将来を見据えてベストな方法を選択することが重要となります。その他、アフターサポートが優れているパソコンメーカーの中には、導入後に数年間にわたって無償で基本的なメンテナンスの対応をしているところも珍しくありません。

ビジネスパソコンは付属ソフトが少なくインストールされているので、安価に供給する事が可能となっています。